Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views : Ad Clicks : Ad Views :
img

簡単!折り紙の基本と作り方

21777 Views

折り紙とは、紙を折って動植物や生活道具などの形を作る日本伝統の遊びです。歴史には諸説ありますが、上級武家が和紙で物を包むために用いていた折形、折形礼法が起源といわれています。日本を代表する文化といえるでしょう。

一般的には折り紙専用の正方形の紙を使いますが、作品によっては長方形(主に辺の比が1:√2のもの)や、その他の形状の紙を使う場合もあります。新聞紙などを用いて作るものもあります。(帽子、ミット、紙鉄砲など)

古くは千代紙と呼ばれる彩色豊かな和紙を使用しました。近年では伝統工芸品としても千代紙が販売されています。

昔から伝わる折り紙の折り方は「伝承折り紙」と呼ばれています。代表的な伝承折り紙には、鶴(折鶴、連鶴)、風船、紙飛行機、手裏剣、兜、奴(やっこ)さんなどがあります。


折り紙の折り方 基本形

折り紙には「基本形」とよばれるものがいくつかあります。伝承折り紙の折り方でよく使われます。基本形に少し手を加えたり、複数の基本形を組み合わせることで、様々なバリエーションの作品をつくることができるのです。

凧の基本形
魚の基本形
正方基本形
風船の基本形

などがあります。


折り紙の作り方:箱

鶴と並んでもっとも人気の折り紙が「箱」です。子供たちは箱を作るのが大好きですよね。ここでは何種類かの箱の折り方を紹介します。

箱1

もっともポピュラーな箱の折り方です。


 

箱2

かわいい箱の折り方です。上で紹介した1番の箱よりも最後の仕上げが難しいかもしれません。しっかりと折り目を強くつけながら折るといいでしょう。


箱3

ものすごく簡単です。大きな紙で折ってもおもしろいと思います。


箱4

細長い紙を使います。おすすめは新聞紙。大きなボックスができあがります。


 

折り紙の作り方:鶴

定番中の定番、折鶴の折り方です。折り方も簡単なため多くの世代に知られています。出版されているほとんどの折り紙の本には作り方が掲載されているのではないでしょうか。江戸時代の文献にも登場するそうです。

上級向けになると、1枚の紙に切り込みを入れて、多数の折鶴を完全に切り離さずにくっついた状態で折る「連鶴」というテクニックもあります。

折り鶴は七夕飾りにもよく使われていますね。広島の七夕や仙台七夕などが有名です。

ちなみに、2009年広島の市民団体「ピースピースプロジェクト」の呼び掛けで両翼81.94m、高さ36mという巨大な折鶴が作られました。広島修道大学の駐車場で学生ら約1000人が協力しクレーンなどを使い折り上げ、ギネスブックに世界最大と認定されています。

 


 

折り紙の作り方:バラ

バラの折り方です。見た目よりも簡単なのでためしてみてください。葉の部分は鶴の折り方の途中の形を応用してつくれます。


 

折り紙の作り方:アヤメ

定番のアヤメの折り方です。


 

折り紙の作り方:花

花1

とても簡単でシンプルな花の折り方です。


花2


折り紙の作り方:メダル

素敵なメダルを折ってみましょう。


 折り紙の作り方:風船

これも昔からある折り方です。新聞紙のような大きな紙で折ってもおもしろいです。最後の12番のところで息を強く吹き入れて膨らませてください。


折り紙の作り方:ペンギン

ちょっとかわった折り紙です。かわいいペンギンが出来上がります。折り目のガイドラインが少ないのでちょっとだけ難しいかもしれません。


折り紙の作り方:犬

犬1

とっても簡単な犬の折り方です。出来上がったらペンで目を書いてあげてくださいね。


犬2

ダックスフンドの折り方です。折り目をしっかりつけるとつくりやすいですよ。


折り紙の作り方:猫

あっという間にできるネコの折り方です。折り終わったらヒゲや目を書いてください。


  • Facebook
  • Twitter